> 銀行系ローンの特徴について

銀行系ローンの特徴について

銀行系ローンはノンバンク系とは異なる特徴があります。
ローンにおいて金利を比較することは避けることができないほど重要な作業ですが
、銀行系ローンは金利が低い会社が多くあるため、小口融資でも大口融資でも
比較的低い金利からローンを組みやすいものです。
これが銀行系ローンの強みであり人気の秘訣でもあります。
また銀行だから厳しいの?即日はできない?と誤解をされることが多いですが即日借入でキャッシングしたい場合の注意点だけ抑えておけば銀行だからといって極端に厳しいとかはなく、中には即日で対応している銀行系ローンも多数あります。

銀行系ローンの中でも金利をしっかりと比較しておき、
少しでも安い利息でローンを受けれる会社を見つけてみると良いです。

総量規制対象外の業者もある

銀行系ローンのもう一つの特徴には総量規制適用外ということがあります。
これによって普通であれば自分の年収の3分の1を超えるローンを
組むことができないわけですが、銀行系では総量規制適用外なので、
年収の3分の1以上のローンでも可能になります。
※銀行系と呼ばれていても総量規制の対象となる業者もあります。

そのため、大口融資を受けたい人にとっては銀行系ローンは最適だと言えます。
しかし、この銀行系というのは銀行なのか消費者金融なのか、
どちらに分類される会社なのかをしっかりと見極めることが重要なので、
一般的には銀行系と言われている会社でも分類としては消費者金融になる会社もあるため、
この点だけは注意をしてローン申し込みをしなければなりません。

大口融資で年収の3分の1以上の融資を希望している人も
小口融資を受けたい人もどちらにしてもしっかりとこの点は見ておきたいところです。

小口であれば収入証明不要

ちなみに銀行系ローンを小口融資で受ける場合は総量規制に関わる知識として、
収入証明不要で申し込めることがあります。

総量規制の適用外なので、小口の場合は申し込み先で一定の金額以下、
又は他社も含めた限度額で一定の金額以下のローンなら
収入証明が必要なく申し込みをすることができるという内容になっている銀行があるので、
これを意識して申し込み先を選ぶと身分証明のみで
申し込みをすることができるのでとても便利です。

このように銀行系ローンにはいくつかの魅力的な特徴があるので
ローンを考えているなら検討してみると良いです。